mon monologue...

ひとりごと、アウトプットの場です。

別の会社で働かしてもらってた話。

つじくみです。桜が咲いた!と思ったら雨ですこししょんぼりです。

別の会社で働いていました

2月3月の数週間、東京のIT会社でお仕事をさせてもらってました。 グループ会社でもなんでもなく、上司同士が知り合いで普段からお付き合いのある会社。 色々な縁があって研修がてら受け入れてもらっていました。研修というか丁稚奉公というか虎の穴修行というか…
今日、社内の打ち合わせや飲み会の席で「行って来たことまとめんかい」と言われ 確かにアウトプットなんもしてないなーと思い 外から自社を見て良いところ悪いところをちょっと整理します。

以下、箇条書きで

  • スピード感(早い。すぐやる。そのためのまとめ力がすごい)
  • 遅くまで仕事してる(IT系っぽい。私も8時くらいまで仕事してました。)
  • フレックスタイム(朝も自由。昼休憩を取るタイミングも自由。)
  • ペルソナやシナリオを大事にする(誰が何のために使いたいのか。まずはそこから。UI/UXが大事)
  • 顧客への提案力(シナリオを元にムービーなどで説得力を増す。)
  • 注文書のフォームについてダメ出しもらう(手書き注文ありえん。見積もり件発注書でお客様が発注しやすいように)
  • お値段について意見(高くて良いのはわかるけど。エコモットさんのは良い。)
  • 社外勉強会(社内のコミュニティスペースを解放し外部講師を招いての講義やUGも)
  • ハンズオン(パートナー会社とハンズオンを企画。自分たちのサービスも使う。)
  • コミュニティスペース(効果は分析していないが、利用率は高め。)
  • 総務がIoTに注目(どうやったら社員が働きやすいか?議論が活発化?効率の良いレイアウトは?IoTで数値化して分析)
  • 社内勉強会(コンテスト。役員が審査するので賞などもあり。楽しい雰囲気。否定する場でもない)
  • 自社製品への愛(自社の製品、好きですか?期待してますか?売りたいですか?)
  • 朝活・夕活(朝食、朝ヨガ、ワインイベント。社員やその知り合いがやってる。社内交流も)
  • 美味しいコーヒーが無料(水も無料。お菓子は有料)
  • 美味いご飯屋が多い(東京は思ったよりランチのコスパがよかった。そして太る)
  • 積極的な売り込み(電話よくかけるし、お客さんところにいく。誰かが…ではなく主体的に動く)
  • 率先した対応(問い合わせはOPがMLで流し、担当者がレスポンス。もしくは代理をする。運用)
  • 開発がお客様のところに行く(どんどん外に行った方が良い。)
  • 営業も開発する(自社の製品を知らないとビジネス出来ないから。「営業なんでわかりません」はない。)
  • パートナー関係構築力+ビジネスビジョン(一緒にやる意味、目的が明確になっている)

大変だった。でも行ってよかった

今回の研修は急遽決まったこと。全然知らない環境に急に放り出されるって 長期不在で家族に迷惑もかけてしまった。 反省すべきは、もう少しちゃんと目的をインプット、自分でも整理して明確にしておけばよかった。 ある意味奉公先の良いように扱われていただけかもしれないので。 でも、この数週間は新鮮な気持ちで楽しく仕事をしていました。面白かったです。
社外の人だからと大目に見てもらっていることはたくさんあったかと思う。 どの程度パフォーマンスを出せたか不明だけど、 「想像していたより良いですよ!」と言っていただきました。 (褒めて伸びるタイプです。調子には乗らず、精進しようと思うタイプです。)
他の会社で働く(その文化に浸る)って、転職しない限りできないので 貴重な経験と今の会社を見つめ直すことが出来た。
今の会社は、改善点があるものの恵まれていることの方が多いです。きっと。 「良い会社」の定義は人によって様々だと思うけど、自分がいる会社は「良い会社」だと思います。 ただそれが当たり前、いつまでも続くと思わず、時代の流れにあった良くなる提案はして変えていきたい。

ついでに自分を見つめ直すと

なんだかんだで環境適応能力があると改めて気がつく。 そしてフットワークが軽い。軽すぎる。 うまく流されるのが得意なのか、軸を持っているからブレないのか 自分では良くわかりません。よく後者ですね…と言われるけど本当かな?
「逆境、トラブル」をだからこそ楽しむ。だってウジウジ悩んでネガティブになっても何も変わらないもの。 ポジティブに捉えて幸せになれるなら私は、そっちを選ぶ。