読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mon monologue...

ひとりごと、アウトプットの場です。

少し愚痴のような、苦手な人の話。

世の中にはいろいろな人がいる。気があう人もいればもちろんあわない人も。 私は、気があわない人(苦手な人)とは、なるべく距離をとって生きてきた。けど、そうすることが出来ないことがある。社会人になると特に。

とあるひと

自分の仕事の範囲をきちんと整理しているかた。そして面倒なことは受け付けない、規範に反することは拒否します。しっかりと自分の仕事をこなしており実績はある。けれど、冷たく感じる。

例えば、お願いをしても「それは規約範囲外なので出来ません」の一点張り。それでは困る。出来ないのであれば代替案を提案してくださいと言っても「なぜそんことをしなければ?私は知らないので出来ません。それに仕事範囲ではないので出来ません」
それはそうなんですが…いろいろ言っても平行線。さらに「本当はあなた達の行為は問題視されています。それなのに…」と別の指摘まで。今まで許可されているものと思っていたので寝耳に水。そんなこと言われても…
許可してもらえる一歩手前で1つ条件を出された時、私も「はい、そうですね」と返事をすればいいのに不安で「もし出来ない場合はどうすれば?前例はなかったの?代替案は?」と聞き返してしまい、話がこじれる。
電話ごしでの対応、抑揚がないと冷たく感じる。怒られる?否定されるのでは?不安とイライラでつい声を荒げてしまうのでした。

べつのひと

女性や年齢に偏見があるかた。若いくせに反論するな。なぜ言うことを聞かないのか。そして、スルーパスがとても上手。
意見の食い違いがあり、少しもめた際急に、「今いくつなんだ?」と聞かれ年齢を答えた。「同世代の〇〇(1つ上の先輩)もお前と同じで文句ばかり言い何もしなかった。その年齢になってそれしか出来ないのか?」…正直、引き合いに出された先輩に申し訳なかった。女性の年齢を聞き、その世代丸ごと批判するのはどうなのか。
自分がすべき仕事も「わからない」という理由で放置し、他の人に丸投げ。出来上がったものは、否定しかしない。最終出来上がったものは、自分がまとめたという風に上司に提出。上司からの質問はもちろん丸投げです。レビューしてくれているなら内容理解してから報告してよとため息が出る。
見下され、怪訝なもの扱いされた関係である以上、こちらから質問しても「今は関係ないだろう。そんこと知らない」と答えてもらえず。私も周りも苦笑い。他の人が似たような質問をした場合、「確認するよ」…この差はなんだろう。否定しかされないので、頼ることはしない。私もついつい無反応になってしまうのでした。

そういう人を客観的にみて思うこと

自分のことじゃないの!?って思うこともたくさん。つまり自分の嫌なところ・直したいところと同じような人と付き合うと、苦手と感じてしまう。もう少し余裕をもてれば、「私もそういうところある。」と落ち着いて見れるけど。。 結局いま、余裕がないのかな?なんて思う今日このごろでした。

夢リストを書くって話。

セーラです。もうすぐで連休。ワクワクです。

先日、とあるセミナーで知り合った方と久しぶりにお話しさせていただきました。その方は、アーティストであり人生設計をしっかり考えておられる方でした。お話ししていて同世代なのにすごいな、私全然できてないじゃんとモヤモヤ。。考えるきっかけになり、お会いできてとても良かった。

夢リスト

その中で、「夢リスト」について教えていただきました。説明は検索すると普通に出てくるので割愛。
早速私も手帳に書いてみました。小さいものから大きいものまで100個。今70くらいでしょうか?ゆっくり追加していこうかなと思ってます。そして自分がワクワクすることを書いています。

書いて思ったこと

夢を持つって楽しみが増えていいですね。そして夢のためにやらなければいけないことが自然と見えてくるので、整理になっていい。

こういうことも話した

目的を決めてその手段を考える方がいいけど、現実は手段にあった目的を当てはめがち。例えば、収入に見合った車を買う、家を買う… そうではなくて、目的が大きいものなら手段を変えればいい。理想の車は?家は?じゃあそれに見合った収入が得られる仕事しないと。目的にあわせて、考え方や生き方を変えないと。その夢を叶えるための仕組みづくりも考えないと。

…このようなことを教えてもらった上で、夢リストを書いたわけです。 中には今の状況を捨てなければ出来ない夢がある。そういうものはどうしようか迷う。けどもし本当にしたいことなら、今の状況から脱す流必要があるのかな…うーん。すごく勇気がいるな。

Lineのトーク引き継ぎで危うく失敗しそうになった話。

セーラです。先日、数年使ってガラケーからiPhoneに変更しました。 iPad持ちだったので、Lineはfacebook認証で作ってやりとりしてたけど せっかくスマホになったので、集約したところ メッセージのバックアップを取り忘れて真っ白に。 慌ててiPadを開いても、初期化されてクリア。詰んだ…と思ったけど諦めずトライ。 電話番号登録してなかったので登録したり、iPhoneiPadを行ったり来たりして なんとかiPadの方に復元出来ました。わーんよかった!

なんで助かったのか…

iTunesiPadのバックアップをとってたので助かったのが大きかった。 一度復元して、サイドログインしたらメッセージが復活してた!ありがとうiTunes! バックアップ大事。こまめに取らないと。

教訓

慣れてるからって適当にせず、何をすべきか、その方法について 考えて調べてから慎重にやらなければ。急いでも仕方ない。落ち着いてゆっくりやらないと。

別の会社で働かしてもらってた話。

セーラです。桜が咲いた!と思ったら雨ですこししょんぼりです。

別の会社で研修を受けてたんですが…

2月3月の数週間、東京のIT会社でお仕事をさせてもらってました。 グループ会社でもなんでもなく、上司同士が知り合いで普段からお付き合いのある会社。 色々な縁があって研修がてら受け入れてもらっていました。研修というか丁稚奉公というか虎の穴修行というか…
今日、社内の打ち合わせや飲み会の席で「行って来たことまとめんかい」と言われ 確かにアウトプットなんもしてないなーと思い 外から自社を見て良いところ悪いところをちょっと整理します。

ってことで箇条書きで出してみる

  • スピード感(早い。すぐやる。そのためのまとめ力がすごい)
  • 遅くまで仕事してる(IT系っぽい。私も8時くらいまで仕事してました。)
  • フレックスタイム(朝も自由。昼休憩を取るタイミングも自由。)
  • ペルソナやシナリオを大事にする(誰が何のために使いたいのか。まずはそこから。UI/UXが大事)
  • 顧客への提案力(シナリオを元にムービーなどで説得力を増す。)
  • 注文書のフォームについてダメ出しもらう(手書き注文ありえん。見積もり件発注書でお客様が発注しやすいように)
  • お値段について意見(高くて良いのはわかるけど。エコモットさんのは良い。)
  • 社外勉強会(社内のコミュニティスペースを解放し外部講師を招いての講義やUGも)
  • ハンズオン(パートナー会社とハンズオンを企画。自分たちのサービスも使う。)
  • コミュニティスペース(効果は分析していないが、利用率は高め。)
  • 総務がIoTに注目(どうやったら社員が働きやすいか?議論が活発化?効率の良いレイアウトは?IoTで数値化して分析)
  • 社内勉強会(コンテスト。役員が審査するので賞などもあり。楽しい雰囲気。否定する場でもない)
  • 自社製品への愛(自社の製品、好きですか?期待してますか?売りたいですか?)
  • 朝活・夕活(朝食、朝ヨガ、ワインイベント。社員やその知り合いがやってる。社内交流も)
  • 美味しいコーヒーが無料(水も無料。お菓子は有料)
  • 美味いご飯屋が多い(東京は思ったよりランチのコスパがよかった。そして太る)
  • 積極的な売り込み(電話よくかけるし、お客さんところにいく。誰かが…ではなく主体的に動く)
  • 率先した対応(問い合わせはOPがMLで流し、担当者がレスポンス。もしくは代理をする。運用)
  • 開発がお客様のところに行く(どんどん外に行った方が良い。)
  • 営業も開発する(自社の製品を知らないとビジネス出来ないから。「営業なんでわかりません」はない。)
  • パートナー関係構築力+ビジネスビジョン(一緒にやる意味、目的が明確になっている)

大変だった。でも行ってよかった

今回の研修は急遽決まったこと。全然知らない環境に急に放り出されるって 長期不在で家族に迷惑もかけてしまった。 反省すべきは、もう少しちゃんと目的をインプット、自分でも整理して明確にしておけばよかった。 ある意味奉公先の良いように扱われていただけかもしれないので。 でも、この数週間は新鮮な気持ちで楽しく仕事をしていました。面白かったです。
社外の人だからと大目に見てもらっていることはたくさんあったかと思う。 どの程度パフォーマンスを出せたか不明だけど、 「想像していたより良いですよ!」と言っていただきました。 (褒めて伸びるタイプです。調子には乗らず、精進しようと思うタイプです。)
他の会社で働く(その文化に浸る)って、転職しない限りできないので 貴重な経験と今の会社を見つめ直すことが出来た。
今の会社は、改善点があるものの恵まれていることの方が多いです。きっと。 「良い会社」の定義は人によって様々だと思うけど、自分がいる会社は「良い会社」だと思います。 ただそれが当たり前、いつまでも続くと思わず、時代の流れにあった良くなる提案はして変えていきたい。

ついでに自分を見つめ直すと

なんだかんだで環境適応能力があると改めて気がつく。 そしてフットワークが軽い。軽すぎる。 うまく流されるのが得意なのか、軸を持っているからブレないのか 自分では良くわかりません。よく後者ですね…と言われるけど本当かな?
「逆境、トラブル」をだからこそ楽しむ。だってウジウジ悩んでネガティブになっても何も変わらないもの。 ポジティブに捉えて幸せになれるなら私は、そっちを選ぶ。

AWSのイベントに参加した話。

セーラです。
花粉症なのか目がしばしばして辛いです。もうずっと目を瞑っていたい(p_q)

AWSomeDayに参加してきました

先日、東京で開催されたAWSのセミナーに参加してきた。入門(導入?)の説明を聞くのははじめて。です。
元々は数百ドルかかる内容。希望が多くなかなか参加できない人も多いので、 たくさん人数集めて一挙にやってしまいましょうー!というものだったらしいです。
300人くらいいるのでもちろん質問もしにくいし、パイプ椅子のみテーブルなし。 無料でやっていただいているので、これくらい我慢。(でも辛かったー!)

個人的には参加してよかった。です。

なんとなく見よう見まねで触っているものの、説明も斜め読みだったので、改めて講義形式で聞かせていただくと「なるほど」と思うところがたくさんありました。
とくにIAMとCloudWatchは、例えがある実演だったのでめっちゃ頭に入りました。ユーザー、ロール、ポリシーの説明、超よかったです!

このイベント。日本では初開催で、海外ではよく行われているそうです。とてもありがたいな。こういうのは顧客満足度を高める要因の一つなのかも。

2年ぶりに歯医者に行った話。

セーラです。

今日は、家の近くの歯医者へ。歯医者へは約2年ぶり。

 

クリーニング

2回通って終了かな?と思ってたら

約1時間ほどかけて全部綺麗にしてもらった。

超音波で研磨する以外に、すっぱい薬で磨いてもらったり...

すごく丁寧にしてもらった気がする。

ずっと気になっていた歯の汚れがめっちゃ綺麗になった。これは嬉しい。

 

汚れのつき具合は個人差によるけど

すっきりして気持ち良いので、半年に一回くらい行きたいなー 

 

検診結果は?

初期の虫歯あり。ちょっとショック。。

痛みもないし、様子見てもいいよと言われたけど

悪くなる前になんとかしてほしいので、通うことになった。

 

デザインのワークショップに参加した話。

セーラです。
先日行われた、グッドデザインBiz expoで審査体験のワークショップに参加しました。

ワークショップの内容は?

こんなことをしました

  • 「良いデザイン」を考える

  • 過去グッドデザイン賞に応募された(受賞した)作品を実際に審査する

技術系のセミナーと違って新鮮。やー面白い。
とくに「バッド」ではなく「グッド」を見つける審査。平和で優しい。

良いデザインって?

最初にイメージするのは、形や色などの見た目。
良いデザインといわれると「かっこいい」「おしゃれ」と考える。
でも、デザインってそれだけじゃないんですよね。
使う人に配慮したもの(人間中心設計)、社会になじむもの、
新しい、独創的、安心、安全、快適、優しさ…本当にたくさんある。
そしてどれも間違いではない、と教えていただきました。
詳しくは、グッドデザイン賞のHPにも記載されていますが
4つの「審査の視点」が大事にされています。



そんなグッドデザイン賞。始まってから60年になるそうです。
そんなに昔からあったことにビックリ。
展示会では、過去受賞したものも展示されていました。

昔は、形あるものが多かったけど、最近は無形のもの
例えば、テレビ番組、コミュニティ、サービスもたくさんありました。
こういうのを見ると「デザイン」って見た目だけじゃない、と改めて気づかされました。